MEDIC FIRST AID® チャイルドケアプラスライセンス取得コース

MFAはメディック・ファースト・エイドの略称です。MFAは救急医療の先進国、アメリカで35年以上(1976年創設)も前に誕生した一般市民レベルの応急救護の手当の訓練プログラムであり、そのソフト(ノウハウ)とハード(教材などの伝達媒体)は数年ごとに最新の教育学的手法と国際コンセンサスに基づいた医学ガイドラインを盛り込んでアップデートを続けています。

現在ではその画期的にして卓越した教育内容と有効性により、国連関連組織・世界安全機構(WSO)をはじめ、アメリカ沿岸警備隊(日本の海上保安庁にあたる)やカナダ・ロイヤル・ライフセービング協会、ガールスカウトUSA、DAN JAPAN(財団法人 日本海洋レジャー安全・振興協会)など、様々な公的機関や団体の多くから公認され、5カ国に設置された国際サービス・オフィスを通して世界中に普及しています。

自ら蘇生した経験を持つ代表が使命感をもって取り組んでいるMFA JAPANは、応急手当て教育の先進諸国の知恵と経験を日本に導入することで、社会全体への貢献と啓蒙を目指しています。住む国や人種は違っても健康上のトラブルの対処法は基本的に同じだからです。

MEDIC FIRST AID® チャイルドケアプラス


チャイルドケアプラス
受講生ガイド

小児、乳児、成人のCPR、AEDとその他の応急手当て

小児、乳児、成人のためのCPR(心肺蘇生法)、AED(自動体外式除細動)とその他の応急手当て(ファーストエイド)を習得して頂 くMEDIC FIRST AID® の「チャイルドケアプラス・コース」は、親や祖父母はもとより、学校施設、保育者、スポーツ・コーチなど、子ども達の健康上の緊急時に対応しなくてはならない人々に最適な講習プログラムです。

このコースは成人の救命法もカバーしているので、小児・乳児のみならず、保育や学校の施設内に出入りする大人の緊急時にも対応できます。

最新のCPR、AED、ファーストエイドのガイドラインを反映している、この「チャイルドケアプラス・コース」は、米国では保育者に 課せられている応急手当ての基準を満たしていますので、日本の保育者や保育施設にも、事故や病気から子ども達を守るための情報と して大いに有益です。

チャイルドケアプラス・コースの概要

受講対象者
一般市民
保育関係者
教職員
ベビーシッター
介護施設の職員
組織内の救急要員
 
講習の構成
インストラクター1名あたりの最大受講者数:12名
マネキン1台あたりの最大受講者数:6名
1クラスの最大受講者数:24名
 
インストラクターが使用する教材
チャイルドケアプラス・プログラムの講習用視聴覚教材、DVD
チャイルドケアプラス・プログラムのインストラクターガイド
 
受講者使用教材
受講生ガイド
ポケットスキルガイド
救急計画表
実習用品(人工呼吸用バリア、保護用手袋など)
 
スキル実習
小グループに分かれて基本的なスキルの練習をします。オプションのシナリオを使ってそのスキルを現実にあてはめる練習を増加することもできます。
修了カード
 
評価方法
受講者が妥当なレベルでスキルを実行できるようになったかをインストラクターがコースを通して観察します。実技テストや筆記試験という方法による評価方法も可能です。職業によって必要な方はお申し出ください。
 
所要時間
7~8時間(参加者の経験や人数、オプションのトピック提示等によって異なります)

 

 

コースで提供される講習内容

コースで提供される内容

応急手当てプロバイダー

  • 応急手当てプロバイダー/緊急事態に気づき、助けようと決める/かかわる人の安全/法的な側面/救急医療サービス(EMS)

突然の心停止

  • 呼吸器系と循環器系/突然の心停止と早期除細動/蘇生の連鎖

基本的なCPRのスキル

  • 胸部圧迫/レスキュー呼吸/初期の評価 - 意識不明の子ども

生命を支えるための基本スキル(BLS)

  • 意識不明、呼吸あり - 回復体位/意識不明、呼吸なし - CPR/自動体外式除細動器(AED)/AEDの基本的な操作/AEDのトラブル解決とその他の注意事項

異物による気道閉塞

  • チョーキング(のど詰まり)

応急手当ての評価

  • 初期の評価 - 意識がある子ども/二次評価*

重傷の手当て

  • 出血のコントロール/止血帯*/内出血/ショックの管理/頭、首、または背中のケガ/四肢の腫れ、痛み、変形/副木*

軽いケガ

  • 軽いケガ

ヤケド(熱傷)

  • ヤケド/化学物質によるヤケド/電気的なヤケド

顔のケガ

  • 目に入った物体/目に入った化学物質/鼻血/歯のケガ

急病の手当て

  • 突発的な病気の警告兆候/意識レベルの変化(意識障害)/脳卒中/糖尿病の緊急時/けいれん発作/呼吸困難、息切れ/ぜんそく/定量薬品吸入器*/ネブライザー*/激しいアレルギー反応/エピペン自己注射器*/胸の痛み、激しい圧迫感や、不快感/激しい腹痛

中毒

  • 飲み込みによる中毒/吸い込みによる中毒

咬み傷と刺し傷

  • 咬み傷と刺し傷/ヘビの咬傷/クモの咬傷/刺す虫( 虫さされ)/人間や動物による咬み傷

環境による緊急時

  • 熱疲労/熱射病/低体温症 (ハイポサーミア)/凍傷

その他の注意事項

  • 緊急移動/精神面の考察事項

個々の問題の応急手当て

  • 切断*/刺さった物体*/開放性の胸のケガ*/開放性の腹部のケガ*/妊娠の合併症 */ダニの咬み傷*/海の動物による刺し傷*

* 印はオプションで提供できるトピックです。受講希望者は担当の指導員までお申し出ください。

 

ご希望の場所や時間でコース開催もできます。

団体にあわせて講習プログラムを提供いたします。幼稚園・保育園や個人宅でもOKです。
ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

MEDIC FIRST AIDのロゴマークはMEDIC FIRST AID International, Inc.の登録商標です。

前のページへ戻る